読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lithography of Thought

考えたこと、思ったことを綴ったLithography(石版)

投資信託の分配金再投資は本当に得なのか


星の数ほどある投資信託の中でも、根強い人気を誇る「毎月分配型」の商品。
ファンドの収益に応じて配当を現金で投資家に分配するわけですが、
この分配金を現金で受け取るか同じファンドに再投資するかを選択することができます。

巷にあふれている情報によると、「再投資」のほうが"複利効果"を活かせてオトクなようです。

参考: 
毎月分配金でお小遣いにするか?再投資して雪だるま式に増やすか?





本当にそうでしょうか。
というわけで、簡単にシミュレーションしてみました。

ケース① 基準価格騰落率 -5% / 基準価格配当率 15%

f:id:tenza_x64:20160714135353p:plain

ケース② 基準価格騰落率 0% / 基準価格配当率 10%

f:id:tenza_x64:20160714135418p:plain

ケース③ 基準価格騰落率 5% / 基準価格配当率 5%

f:id:tenza_x64:20160714135420p:plain

(税率は20%で計算)



基準価格が上がり続ける場合は再投資の方が得だが、基準価格が下がり続ける場合は受取のほうが得ということがわかります。
考えてみれば当然で、再投資してもファンドの基準価格が値下がりすればそれに引きずられますが、
一度現金として受け取ってしまえば、ファンドの基準価格の値下がりから切り離されます。

つまりポイントは、毎月分配型投資信託の基準価格はどう変化するのか、ということです。


ここで一つのファンドを紹介しましょう。


PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(ブラジル・レアルコース)www.smtam.jp


このファンドは私がまだ資産運用1年生のころ、友人に勧められたものです。
友人がこのファンドを勧めた理由は「分配金が多いから!」でした。

確かに、当時は基準価格8000円程度で、毎月150円の分配金を出していました。
年通算での基準価格配当率はなんと22.5%!たしかにこれは凄い。

今となっては、基準価格2862円、毎月の分配金は35円です。
基準価格は60%以上減損し、分配金も当時から75%以上削られてしまっています。

これほどまでに基準価格が下がった理由は、リーマンショック以来のブラジルレアル安だとか、
原油価格下落に伴うハイイールド債(=ジャンク債)の市場の低迷とか、
色々あると思いますが、これはあまりにもヒドすぎです。


このファンドを大量に買ったらしい友人は今頃どうしているでしょうか。心配です。


ファンドのレポートには、基準価格の要因分析というのがあり、それを眺めているとあることに気づきます。
「分配要因」が、インカムゲインキャピタルゲインと切り離されて記載されています。

f:id:tenza_x64:20160714152132p:plain 


「分配金って、運用利から出してるんじゃなかったの!?」という声が聞こえてきそうですが、これが現実です。
多くのファンドは、元本を切り崩して虎の子の配当金を捻出しています。

毎月分配型のファンドで配当金の分配を止めることは、ファンドの死を意味するので何としても避けたいでしょう。
したがって元本を削り続けます。無くなるまで…


つまり、上記のケース①~③の例だと、ケース①に当てはまることが圧倒的に多いのです。
基準価格が目減りしていくファンドが多いのに、再投資なんかしたら、
資産は基準価格の低下に引きずられて目減りしていことでしょう。

実際に、ケース①のグラフをもう一度見てみましょう。
ある時点を境に、総額が目減りしています。配当を出し続けているのに!

f:id:tenza_x64:20160714135353p:plain


結論


「高配当」「毎月分配」の投信で分配金を「再投資」している方、今すぐ受取に換えましょう。
その金でインデックスファンドの積み立てをするなり、定期預金を組むなり、他の運用に切り替えたほうが良いです。

現場からは以上です。